アパート経営を検討している方へ【事前に失敗事例を確認しておこう】

少額からの不動産投資

男の人

みんなで大家さんは、一口100万円から出資できる、複数人で不動産投資を行うシステムです。不動産の管理やメンテナンスなどの面倒な作業は、全て業者が行ってくれます。そのため一度出資したら、後は業者任せにできるのもポイントの1つです。

More Detail

人気の不動産投資ですが

男性

計画は綿密に立てましょう

不動産投資の中でも人気が高いアパート経営ですが、成功もあれば失敗もあります。アパート経営を選択される方は、一軒家やマンションの一室の経営だとリスクが高いために、アパートであれば多少の空室があってもやっていけるかもしれないという考えをお持ちの方が多いかもしれません。また、不動産業者に任せておけば、なんとか部屋を埋めてくれるだろうという考えの方もいらっしゃいます。そこにアパート経営の失敗理由が隠されているのです。多少の空室があっても良いという考えは、空室リスクに対する備えがおろそかなになることにつながります。空室リスクは、アパート経営にとって最も大きなリスクです。失敗事例で最も多いのが、空室から無理な値下げ、それにより設備の更新ができずに老朽化し、また空室という悪循環です。

具体的な対策は

失敗事例のようになることを防ぐには、入念な調査とシミュレーションが必要です。アパートの立地、近隣の家賃相場、そして、経営するアパートのリフォーム費用などです。このリフォームが、成功と失敗を左右します。よほど新しい物件以外は、水回りや壁紙などのリフォームが必要になります。これがないと入居者が思うように集まりません。そして、このリフォームにかける予算を正確に見積もり、物件の購入費用を計算します。失敗事例では、購入費用だけで家賃額を計算してしまう事例や、リフォーム予算を減らしすぎて、物件の魅力が低くなってしまう事例が多くみられます。適正な家賃額を設定することも空室率改善に有効ですので、物件購入の前には入念な準備を怠らないようにしましょう。

部屋を貸して収入を得る

握手

安定収入を確保するために、賃貸マンションを建てて大家業を始める人が増えてきました。大家業を営むにあたり一番気にかかるのが、空室の問題です。誰も入居してくれなければ、当然のことながら家賃が入ってきません。しかし、サブリース会社を利用すれば、簡単にその問題を解決することができます。

More Detail

安く長持ちさせましょう

マンション

適切なマンション管理は、マンションを長持ちさせるために必要です。きちんと清掃をして、建物の異常を見つけ、早めに対策をしていくことが長寿命化につながります。マンション管理の一大イベントである大規模修繕工事の際には、管理会社の言いなりにならず、住民同士で議論を深めて工事の必要性を見極めることが大切です。

More Detail