アパート経営を検討している方へ【事前に失敗事例を確認しておこう】

安く長持ちさせましょう

マンション

管理の基本は清掃です

あなたの持っているマンションに、快適に長く住み続けるためには、適切なマンション管理が大切になります。きちんと健康管理をしない人間が病気になるように、マンションもきちんとメンテナンスしなければ、すぐにガタが来てしまいます。マンション管理の基本となるのが、清掃です。住民が使う共用部分の快適性を保つのはもちろんですが、マンション内の設備の異常や老朽化に早い段階で気づくようにするという目的もあります。特に重要なのは、外壁のヒビや穴です。放置すれば、建物内部に水が入り続けて鉄筋の腐食が進み、マンションの寿命を縮めることになります。逆に大きな問題を抱える前に修理すれば、マンションの劣化を予防することにつながります。

不要な工事はやめよう

マンション管理では、10〜20年に1度、大規模修繕工事という大きなイベントを経験することになります。マンションの寿命を延ばすために、外壁や配管などを一気に修理するものです。住民だけで進めるのは難しいため、専門知識を持つマンション管理会社と相談しながら、修繕する場所や方法、工事業者を決定していくことになります。ただ、この時に大切なのは、管理会社の言いなりにならないことです。管理会社が勧めてくる工事には、過剰なものが含まれている可能性もあるからです。管理会社はあくまで助言者だととらえ、住民同士でしっかりと議論をし、工事の必要性を見極めるようにすることが大切だと思います。不必要な工事を防ぐことは、住民から徴収する修繕積立金の値上げを防ぐことにもつながります。